ソロっといきました。パート2

7月6日午後。

「昨日の雨で増水」⇒「アリやバッタが流される」⇒「釣れる!」

という単純な思考回路は今も健在。

14時発という単独釣行で、さらにそ~っと秘密のままで・・・

この時期、「イブニングライズ狙い」にしぼり、円山川へ。

午後18時すぎから、カワゲラにまじりヒゲナガトビケラがハッチしだす。

合わせるかのように、ライズ開始。我慢のしどころである。

「まだや、まだ。」言い聞かせるものの我慢できずに開始。(いつもこう)

ソロっとプレゼンテーション。「パシャ!」「よし!」 すっぽ抜け・・

フックサイズが合ってない。

「フライチェンジ!?」 「どーしょー」 「ミヤモトさんもおらんし」

意を決して「プチっ」・・案の定チペットがアイに入らない。

全く入らない。完全に入らない。プールではバシャバシャとライズシャワー。

「えー、ここで帰る?」

気を落ち着かせフライボックスをあさる。

「アイのでかいヒゲナガパターンの20年前位に巻いたパターン」に神の御慈悲が。

「よし通った」

まずは、かわいいのが。

そして・・・

吸い込むようなライズ。

「よし。」完璧。

「強いっ」

早く放してあげたかったのでキレイに撮れなかったが

ネットの長さ30センチから、推し量ると32、3センチ!?

10年ぶり位の「尺イワナ」

嬉しかったので、すぐにスタッフの高江洲に報告。

「えーっ釣り行ってたんですか!?」

いくつになっても自慢したいんです。

「ノーネームヒゲナガゴッド」とでも名付けましょう。(よく見ると余りもカットされてない)

神のご加護を。

沼田

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする